消える「実質0円」 スマホが持てなくなる人は出ないのか

公開日: 更新日:

 昨年末、総務省がスマートフォン利用者の料金負担軽減を携帯電話事業者に求める方針を決めた。これを受けてソフトバンクが、1カ月のデータ通信最大1GB、5分以内の通話かけ放題で合計4900円という料金プランを4月から実施すると発表した。

 従来の最安プラン(通信量2GB)と比べて1600円安い。しかし1GBを超えた場合は、1GBごとに1000円の追加料金がかかるため、使い方を間違えると逆に高くつく。これってどうなの? ITジャーナリストの井上トシユキ氏が言う。

「子供にもスマホを持たせるなど家族で複数の端末を使うユーザーにとっては、負担軽減になります。しかし個人利用者にとっては、ほとんど影響がないでしょう」

 巷では、アベノミクスの成果が見えない安倍政権が、家庭の通信費負担を軽くすることで経済効果を狙ったとの臆測も飛び交う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

もっと見る