スマホ評論家に聞いた 消える「実質0円端末」はいま買いか

公開日:  更新日:

「実質ゼロ円」の携帯端末機は一刻も早くゲットした方がいいのか――考えあぐねる人が増えている。NTTドコモが来月から米アップル「iPhone6s」の1万円程度の値上げを決定。auとソフトバンクも追随し、“ゼロ円ケータイ”がこの世から消えるからだ。

「実質ゼロ円」は他社からの乗り換え客を呼び込む割引プランとして7年前から携帯各社が導入。2年契約の際、端末代金の割賦支払分とほぼ同額を通信料金から差し引く仕組みだ。ところが、政府が値引き合戦を問題視し、まずドコモがこれに従った。

「『家計負担の軽減』を掲げる安倍政権は割高な通信料の引き下げを各社に求めましたが、携帯キャリアー各社は、通信料の引き下げ分をどこかで穴埋めする必要がある。端末代の値上げによって逆にスマホ料金の総額が上がります」(ITライター)

 ホント、安倍首相も余計なことをしてくれたものだが、ユーザーはいまのうちに“ゼロ円ケータイ”をゲットしておいた方がいいのか。スマホ評論家の新田ヒカル氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る