スマホが月4900円 ソフトバンク「新料金プラン」損か得か

公開日: 更新日:

 ついに大手キャリアーが動きだした。ソフトバンクが7日、スマートフォンをあまり使わない人向けに、通話とデータ通信を合わせて4900円(税抜き、2年契約)から利用できる料金プランを発表した。

 安倍首相が昨秋に「ケータイ代を安くしろ」とブチ上げてから、総務省は3大キャリアーに対し月額料金を5000円以下に抑えるよう要請してきた。まずはソフトバンクが先陣を切って要請に応えた格好だ。

 気になるのは、新プランの“実力”だ。ソフトバンクの新プランはデータ通信容量の上限を、「1ギガバイト」に定めている。超過すれば、通信速度がガクンと落ちる。1ギガバイト以上使いたい場合は、新たに1ギガバイト追加するごとに1000円支払わなくてはならない。通話についても、かけ放題とはいえ「1回の通話は5分以内」と制限が設けられている。「5分」を超えると追加料金が発生する。ソフトバンクのこのプラン、はたしてお得なのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

もっと見る