没後100年…漱石作品から「生き方のヒント」を再び学ぶ

公開日: 更新日:

 今年は夏目漱石没後100年。2月9日は漱石の誕生日だ。漱石といえば、その作品の多くが教科書に掲載され馴染みがある半面、“ザ・文学作品”の印象を持つ人も多いだろう。しかし、「もともと文豪というよりも人気流行作家として認識されていましたし、新聞連載小説を手掛けていたこともあって、読ませる仕掛けが豊富。実はエンタメの要素が多いんですよ。また出世から外れた人などを主人公に据えているので、社会人になって改めて読むと、生き方のヒントになったりもするんです」。こういうのは、近代文学者の野田康文氏だ。野田氏が挙げる5作品から読み解く処世術とは――。

■褒めてくれた人を評価することが自己肯定に

「坊っちゃん」

“親譲りの無鉄砲さで子供の時から損ばかりしている”坊ちゃんが、両親亡きあと四国で中学教師になるも、うまくいかず1カ月後に辞めて帰ってくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る