没後100年…漱石作品から「生き方のヒント」を再び学ぶ

公開日:  更新日:

 今年は夏目漱石没後100年。2月9日は漱石の誕生日だ。漱石といえば、その作品の多くが教科書に掲載され馴染みがある半面、“ザ・文学作品”の印象を持つ人も多いだろう。しかし、「もともと文豪というよりも人気流行作家として認識されていましたし、新聞連載小説を手掛けていたこともあって、読ませる仕掛けが豊富。実はエンタメの要素が多いんですよ。また出世から外れた人などを主人公に据えているので、社会人になって改めて読むと、生き方のヒントになったりもするんです」。こういうのは、近代文学者の野田康文氏だ。野田氏が挙げる5作品から読み解く処世術とは――。

■褒めてくれた人を評価することが自己肯定に

「坊っちゃん」

“親譲りの無鉄砲さで子供の時から損ばかりしている”坊ちゃんが、両親亡きあと四国で中学教師になるも、うまくいかず1カ月後に辞めて帰ってくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る