人生まで好転 モノに固執しない「ミニマリスト」という生き方

公開日: 更新日:

「断捨離」に続き、注目されている「ミニマリスト」。身の回りのモノを最小限に減らす生き方だ。情報が増え、部屋も車もシェアできる時代ゆえ、モノに固執する必要はなくなったというわけ。ミニマリストの佐々木典士氏は元“汚部屋”の住人。最近、11年暮らした家から引っ越すのを機に一大決心した。モノを捨てることで、“仕事”も“オンナ”も、人生が大きく変わるかもしれない。

■捨てて後悔したモノはひとつもない

 モノが捨てられない。そんなひとりだった佐々木氏は「捨てて後悔するモノはひとつもありません」と断言する。1000個あれば950個は捨てたが、後悔したモノはひとつもない。自身で55のルールを設けたという。

「例えば、簡単に捨てやすいのは『複数あるもの』。ハサミやボールペンとか。本や家具なども必要になればネットで購入できます。そう考えると究極的に、残しておかなければいけないものはありません。捨てるコツは『出張買い取り』『ネットオークション』を利用することです。私が使っているのは『高く売れるドットコム』。段ボールを用意したり梱包する手間を省くことで、手放すことに成功しやすい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  2. 2

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  3. 3

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  4. 4

    “お騒がせ女王” 華原朋美「事務所クビ」の真相と問題行動

  5. 5

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  6. 6

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  7. 7

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  8. 8

    テレ朝がすがる沢口靖子 米倉失速で“新・ドラマの女王”に

  9. 9

    岸部四郎さんは楽器できず…タンバリンに音が出ない細工を

  10. 10

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

もっと見る