人生まで好転 モノに固執しない「ミニマリスト」という生き方

公開日:  更新日:

「断捨離」に続き、注目されている「ミニマリスト」。身の回りのモノを最小限に減らす生き方だ。情報が増え、部屋も車もシェアできる時代ゆえ、モノに固執する必要はなくなったというわけ。ミニマリストの佐々木典士氏は元“汚部屋”の住人。最近、11年暮らした家から引っ越すのを機に一大決心した。モノを捨てることで、“仕事”も“オンナ”も、人生が大きく変わるかもしれない。

■捨てて後悔したモノはひとつもない

 モノが捨てられない。そんなひとりだった佐々木氏は「捨てて後悔するモノはひとつもありません」と断言する。1000個あれば950個は捨てたが、後悔したモノはひとつもない。自身で55のルールを設けたという。

「例えば、簡単に捨てやすいのは『複数あるもの』。ハサミやボールペンとか。本や家具なども必要になればネットで購入できます。そう考えると究極的に、残しておかなければいけないものはありません。捨てるコツは『出張買い取り』『ネットオークション』を利用することです。私が使っているのは『高く売れるドットコム』。段ボールを用意したり梱包する手間を省くことで、手放すことに成功しやすい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る