• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

人生まで好転 モノに固執しない「ミニマリスト」という生き方

「断捨離」に続き、注目されている「ミニマリスト」。身の回りのモノを最小限に減らす生き方だ。情報が増え、部屋も車もシェアできる時代ゆえ、モノに固執する必要はなくなったというわけ。ミニマリストの佐々木典士氏は元“汚部屋”の住人。最近、11年暮らした家から引っ越すのを機に一大決心した。モノを捨てることで、“仕事”も“オンナ”も、人生が大きく変わるかもしれない。

■捨てて後悔したモノはひとつもない

 モノが捨てられない。そんなひとりだった佐々木氏は「捨てて後悔するモノはひとつもありません」と断言する。1000個あれば950個は捨てたが、後悔したモノはひとつもない。自身で55のルールを設けたという。

「例えば、簡単に捨てやすいのは『複数あるもの』。ハサミやボールペンとか。本や家具なども必要になればネットで購入できます。そう考えると究極的に、残しておかなければいけないものはありません。捨てるコツは『出張買い取り』『ネットオークション』を利用することです。私が使っているのは『高く売れるドットコム』。段ボールを用意したり梱包する手間を省くことで、手放すことに成功しやすい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る