中間管理職にも「ヘッドハント」拡大 誘われる人材とカネは?

公開日:  更新日:

 ユニクロからローソン社長に抜擢された玉塚元一氏は今年2月期決算で過去最高益を計上。サントリーの新浪剛史社長はキリンを追い抜き、食品メーカー首位に引き上げた。引き抜き社長が続々と成果を挙げているが、それにしても、165億円で後継候補を一本釣りしたソフトバンクには度肝を抜かれただろう。

 ドラマみたいなヘッドハントが盛んになりつつあるが、中間管理職の部長や課長でも十分あり得るという。元ヘッドハンターで、東京海洋大教授の小松俊明氏(グローバル組織論)が言う。

「ヘッドハンターは、それぞれの業界に詳しい事情通を業界ごとに抱えていて、得意先から依頼を受けたときに紹介する候補者リストを持っています。リストアップされるのは、直近3年の実績がいい人ですが、必ずしもエースばかりではありません。転職を繰り返している人もターゲットになる。たとえば、ヘッドハントの理由が欠員補充の場合です。そういうケースは、往々にして担当役員とソリが合わないことが原因で、概してポストの入れ替わりが早い。1つの会社で腕を磨いた実力者より、転職しながら実力を蓄えた人を望む傾向があるのです」(小松氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る