• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「教師が妊娠させた」で送検 ウソ書き込みが罪になる境界線

「先生が女の子を妊娠させた」――。こんなウソの書き込みをした男が書類送検された。福岡県警によって送検されたのは東京都立川市に住む27歳の会社員。昨年11月16日にネットの掲示板に「【速報】北九州市立小学校の講師(23)が担任する6年生の女児と淫らな行為をし、妊娠させたとして懲戒免職になった」と書き込んだのだ。

「書き込んだのは2ちゃんねるでした。同市の教育委員会は17日に書き込みを知り、市内の小学校に確認を取った。その結果、そうした事実がないことが分かり、20日に警察に届けたのです。男の罪名は業務妨害容疑です」(捜査事情通)

 念のために言うと、書き込みには特定の人物や学校といった固有名詞は一切なし。誰か個人を困らせたわけではなく、架空の“物語”だったのだが、それでも送検された。弁護士の落合洋司氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る