なぎら健壱もお気に入り 大正14年創業 煮込みの名店「山利喜」

公開日: 更新日:

 大の酒好きで、酒場ナビゲーターとしてもお馴染み、シンガー・ソングライターのなぎら健壱(63)。全国各地の居酒屋を巡り歩き、長年、通い続けているのが東京の下町、森下にある「山利喜」だ。

 場所は地下鉄森下駅を出てすぐの新大橋通り沿い。“煮込み”と“やきとん”が人気で、大正14年の創業以来、庶民に愛されてきた老舗だ。東京大空襲で一度は焼失するも、戦後に2代目がバラックから営業を再開。3代目が切り盛りする今は本館と新館の2店舗を展開し、どちらも日々大盛況の人気ぶりだ。

 最大の特徴は昔ながらの味を大切に守りつつ、一方ではフレンチの手法を取り入れるなど、独自の工夫を凝らした料理の数々。

「例えば、煮込みには隠し味にワインを使用。だから、日本酒はもちろんワインにも本当によく合うんです。どの料理にもひと手間かけるのが当店の信条。普通の居酒屋とは一味違った料理を楽しんでいただきたいですね」(スタッフ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  7. 7

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  8. 8

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る