• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

なぎら健壱もお気に入り 大正14年創業 煮込みの名店「山利喜」

 大の酒好きで、酒場ナビゲーターとしてもお馴染み、シンガー・ソングライターのなぎら健壱(63)。全国各地の居酒屋を巡り歩き、長年、通い続けているのが東京の下町、森下にある「山利喜」だ。

 場所は地下鉄森下駅を出てすぐの新大橋通り沿い。“煮込み”と“やきとん”が人気で、大正14年の創業以来、庶民に愛されてきた老舗だ。東京大空襲で一度は焼失するも、戦後に2代目がバラックから営業を再開。3代目が切り盛りする今は本館と新館の2店舗を展開し、どちらも日々大盛況の人気ぶりだ。

 最大の特徴は昔ながらの味を大切に守りつつ、一方ではフレンチの手法を取り入れるなど、独自の工夫を凝らした料理の数々。

「例えば、煮込みには隠し味にワインを使用。だから、日本酒はもちろんワインにも本当によく合うんです。どの料理にもひと手間かけるのが当店の信条。普通の居酒屋とは一味違った料理を楽しんでいただきたいですね」(スタッフ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る