虚栄心くすぐる? 賄賂に選ばれる「レクサス」人気の秘密

公開日: 更新日:

 UR(都市再生機構)との補償交渉を巡る口利き疑惑。甘利明・前経済再生担当相の政策秘書は、「これでURの方がまとまっちゃうと思うんで、えっと○○さん(別の元秘書の名前)がレクサスでしたっけ」と便宜を図った見返りを要求していたようだ。その後、小声で「ウッシッシ、おぬしもワルよのう」と続いたかは定かでない。

 冗談はさておき、なぜ見返りの高級車がベンツでもBMWでもなく、国産の「レクサス」だったのか? 外車の方が見栄え的にもいいような気もする。

「私は秘書がレクサスを要求したと聞いて全く不思議に思いませんでした。今のレクサスにはベンツやBMWに劣らないブランド力がある。乗り心地もきちんとした日本の高級車の伝統を引き継いでいます」(自動車ライター・佐藤篤司氏)

 レクサスは、元はトヨタが北米向けに販売した車種。日本では05年から逆輸入という形で販売されている。車種によって366万円から1595万円まであり、くだんの政策秘書は最上級1595万円の「レクサス・ハイブリッド」を“おねだり”していたとされる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  5. 5

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  6. 6

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

  7. 7

    石田純一「法的手段も考えている」の裏に理子夫人への鬱積

  8. 8

    マスクが着用できない自閉症児を搭乗拒否…航空会社に賛否

  9. 9

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  10. 10

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

もっと見る