曖昧な返答はNG 娘さんに教えたい正しい「男のフリ方」

公開日: 更新日:

「告白したが、曖昧にされた」――。福岡の予備校生・北川ひかるさん(19)が刺殺された事件で警察に出頭した少年(19)は、こう説明したという。少年は北川さんに好意を抱いていると告白したが、曖昧な返答しか受けられず、「言葉を濁された」「ばかにされた」と感じたようだ。

 2人は高校は違うが同じ熊本県出身で、予備校ではともに難関国公立大学コースに所属。他の数人と勉強のグループをつくっていた。ただし恋愛関係ではなかったようだ。少年が以前、自傷行為を図ってメンタルクリニックを受診していたことも分かっている。

「ポイントは北川さんと少年が単なる友人関係だったことです」とは明大講師の関修氏(心理学)だ。

「少年は同じ勉強グループに所属するうちに北川さんみたいに優秀になりたいと憧れを抱いたのでしょう。北川さんに優しく接してもらい、憧れが恋愛感情に置き換わったと考えられます。ところが告白したら、曖昧な返答。ここで憧れが一気に同じ受験生としてのライバル心に変化し、自分の中にあるコンプレックスも手伝って憎悪を燃やすことになったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  5. 5

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    石田純一「法的手段も考えている」の裏に理子夫人への鬱積

  8. 8

    マスクが着用できない自閉症児を搭乗拒否…航空会社に賛否

  9. 9

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  10. 10

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

もっと見る