曖昧な返答はNG 娘さんに教えたい正しい「男のフリ方」

公開日:  更新日:

「告白したが、曖昧にされた」――。福岡の予備校生・北川ひかるさん(19)が刺殺された事件で警察に出頭した少年(19)は、こう説明したという。少年は北川さんに好意を抱いていると告白したが、曖昧な返答しか受けられず、「言葉を濁された」「ばかにされた」と感じたようだ。

 2人は高校は違うが同じ熊本県出身で、予備校ではともに難関国公立大学コースに所属。他の数人と勉強のグループをつくっていた。ただし恋愛関係ではなかったようだ。少年が以前、自傷行為を図ってメンタルクリニックを受診していたことも分かっている。

「ポイントは北川さんと少年が単なる友人関係だったことです」とは明大講師の関修氏(心理学)だ。

「少年は同じ勉強グループに所属するうちに北川さんみたいに優秀になりたいと憧れを抱いたのでしょう。北川さんに優しく接してもらい、憧れが恋愛感情に置き換わったと考えられます。ところが告白したら、曖昧な返答。ここで憧れが一気に同じ受験生としてのライバル心に変化し、自分の中にあるコンプレックスも手伝って憎悪を燃やすことになったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る