格安SIMで毎月7000円節約も 高いスマホ代はこう浮かせる

公開日:  更新日:

 安倍首相の人気取りで大手携帯3社のスマホ料金はちょっと安くなったが、それでもまだ高い。スマホ利用者は半数以上が毎月7000円超を費やし、45%が「料金はとても高い」と感じている(MMD研究所調べ)。そこで注目は、格安スマホや格安SIMだ。“2年縛り”などで大手と契約している人は、いっそ格安に乗り換えた方がいい。

 格安の魅力は、なんといってもその安さ。大手との違いは歴然だ。

 カカクコムが4日に発表した2016年版「スマートフォン・インターネットの通信料金・利用実態調査」によると、毎月の平均料金は格安が1600~1800円で、大手が8200~8700円。格安への乗り換えで月約7000円、年間8万円超も浮く。2年縛りの違約金を吸収して余りある金額だ。

 乗り換えを急ぐ理由はそこだ。先日、新料金プランを発表したイオンモバイルはデータ通信のみなら1ギガ480円~、通話機能付きSIM0・5ギガなら1180円~と安い。格安業者は、イオンのほか楽天やDMMなど20社以上ある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  6. 6

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  7. 7

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  8. 8

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

もっと見る