• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

花粉シーズンの必需品 限定発売「高級ティッシュ」何が違う?

 スギ花粉全盛、この時季はティッシュがないと生きていけない……という人も多いだろう。そんなティッシュペーパーの最高ランクが、「クリネックスティシュー 至高・羽衣」だ。ネット限定発売で、なんと3箱で3240円。1箱1080円。5箱298円でスーパーに並んでいるような商品と何が違うのか。

■違いは原料と紙の薄さ

 そう思って1枚取ってみると手触りがフカフカで、1枚の厚みも違う。鼻を柔らかく包み込み、こすれても痛くない。そもそも吸収がよく、ティッシュに触れるだけで水分を吸いこんでくれるので、はなをかんだ後、ふき取るためにこする必要がないのだ。高級ティッシュのさきがけ「カシミヤ」の進化系である。

 原料も見直した。紙の強さを出す針葉樹にマニラ麻・アバカ、なめらかさを出す広葉樹にユーカリのパルプを配合することで、究極の薄さを実現。工程は普通のティッシュの5倍の時間がかかるそう。こうしてできあがった薄紙を4枚重ねにしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る