花粉シーズンの必需品 限定発売「高級ティッシュ」何が違う?

公開日: 更新日:

 スギ花粉全盛、この時季はティッシュがないと生きていけない……という人も多いだろう。そんなティッシュペーパーの最高ランクが、「クリネックスティシュー 至高・羽衣」だ。ネット限定発売で、なんと3箱で3240円。1箱1080円。5箱298円でスーパーに並んでいるような商品と何が違うのか。

■違いは原料と紙の薄さ

 そう思って1枚取ってみると手触りがフカフカで、1枚の厚みも違う。鼻を柔らかく包み込み、こすれても痛くない。そもそも吸収がよく、ティッシュに触れるだけで水分を吸いこんでくれるので、はなをかんだ後、ふき取るためにこする必要がないのだ。高級ティッシュのさきがけ「カシミヤ」の進化系である。

 原料も見直した。紙の強さを出す針葉樹にマニラ麻・アバカ、なめらかさを出す広葉樹にユーカリのパルプを配合することで、究極の薄さを実現。工程は普通のティッシュの5倍の時間がかかるそう。こうしてできあがった薄紙を4枚重ねにしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  2. 2

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  3. 3

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  4. 4

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  5. 5

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  6. 6

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  7. 7

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  8. 8

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  9. 9

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

  10. 10

    内閣広報官に小野日子氏内定 迷走していた後任選び全内幕

もっと見る