麻酔使用は誤り? “脱走シマウマ”の捕獲法に専門家が疑念

公開日: 更新日:

 誰の責任なのか。愛知県瀬戸市の乗馬クラブからシマウマが脱走し、23日、警察や獣医師が捕獲を試みたが、ゴルフコース内の池に落ちて溺死する最悪の展開となった。

 逃げたのは体高約1.2メートル、体重約200キロの2歳の雄シマウマ。愛知県の移動動物園を経営する男性が乗馬クラブに預けたのだが、22日午後5時ごろに柵を押し上げ、岐阜県まで逃走してしまった。

「翌日、警察官らが岐阜県のゴルフ場まで追い込むことに成功しました。ただ、なかなか捕まえられず、獣医師が吹き矢で麻酔を打って捕まえる作戦に。ところが、シマウマは池に入った途端、麻酔が効き、倒れてしまった。必死に救助したが、死亡が確認されました」(地元マスコミ関係者)

 まさかの展開にお茶の間は唖然となった。捕獲の際に落ち度はなかったのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  4. 4

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  5. 5

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  6. 6

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  7. 7

    アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

  8. 8

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

もっと見る