麻酔使用は誤り? “脱走シマウマ”の捕獲法に専門家が疑念

公開日:  更新日:

 誰の責任なのか。愛知県瀬戸市の乗馬クラブからシマウマが脱走し、23日、警察や獣医師が捕獲を試みたが、ゴルフコース内の池に落ちて溺死する最悪の展開となった。

 逃げたのは体高約1.2メートル、体重約200キロの2歳の雄シマウマ。愛知県の移動動物園を経営する男性が乗馬クラブに預けたのだが、22日午後5時ごろに柵を押し上げ、岐阜県まで逃走してしまった。

「翌日、警察官らが岐阜県のゴルフ場まで追い込むことに成功しました。ただ、なかなか捕まえられず、獣医師が吹き矢で麻酔を打って捕まえる作戦に。ところが、シマウマは池に入った途端、麻酔が効き、倒れてしまった。必死に救助したが、死亡が確認されました」(地元マスコミ関係者)

 まさかの展開にお茶の間は唖然となった。捕獲の際に落ち度はなかったのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る