• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

麻酔使用は誤り? “脱走シマウマ”の捕獲法に専門家が疑念

 誰の責任なのか。愛知県瀬戸市の乗馬クラブからシマウマが脱走し、23日、警察や獣医師が捕獲を試みたが、ゴルフコース内の池に落ちて溺死する最悪の展開となった。

 逃げたのは体高約1.2メートル、体重約200キロの2歳の雄シマウマ。愛知県の移動動物園を経営する男性が乗馬クラブに預けたのだが、22日午後5時ごろに柵を押し上げ、岐阜県まで逃走してしまった。

「翌日、警察官らが岐阜県のゴルフ場まで追い込むことに成功しました。ただ、なかなか捕まえられず、獣医師が吹き矢で麻酔を打って捕まえる作戦に。ところが、シマウマは池に入った途端、麻酔が効き、倒れてしまった。必死に救助したが、死亡が確認されました」(地元マスコミ関係者)

 まさかの展開にお茶の間は唖然となった。捕獲の際に落ち度はなかったのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

もっと見る