• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

たま駅長が火付け役 「ネコノミクス」の恐るべき経済効果

 日本はもちろん海外からもファンを集め、昨年死去した和歌山電鉄・貴志駅の名物猫、たま駅長。この三毛のにゃんこがもたらした経済効果は年間約11億円に上り、猫ブームの火付け役になった。猫をマスコットにした町おこしの試みは全国に広がり、ちまたには猫の写真集やグッズがあふれている。

 猫に小判ならぬ、猫が小判を運んでくるわけで、こうした“ネコノミクス”の経済規模は、関西大学の宮本勝浩名誉教授によると約2兆3162億円に上るという。

「その大半はエサ代などの飼育費用で、約1兆1002億円です。ペットフード協会の発表によると昨年、猫の飼育数は、犬の約991万7000匹に迫る約987万4000匹でした。犬に比べて飼育の手間も費用もかからないため、一人暮らしや高齢者の間で猫の飼育が増えた結果でしょう」

 猫を用いた観光などの効果は、約40億円と試算している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る