犬好きより寂しがり屋? 急増する「ネコ好き女性」攻略法

公開日: 更新日:

 空前のペットブームだ。ペットの数を毎年推計している「平成27年全国犬猫飼育実態調査」((社)ペットフード協会)によると、犬は991万7000匹、ネコは987万4000匹。合わせて1979万匹は、我が国の子供の数(15歳以下人口)1617万人(総務省「人口推計」)より362万匹も多い。

 ここ数年は飼いやすさもあってか、犬の数は減っているのにネコの数は微増傾向が続いており、ペットの数で犬ネコ逆転は時間の問題といえそう。実際、街には癒やしを求めてネコに触れたり抱いたりできるネコカフェが増え、ネコ本やカレンダーも売り上げを伸ばす。もちろん、自宅でネコを飼う独身女性も少なくない。“ネコ派”拡大中というのが時代の流れだ。

■“ネコ好き女性”は独占欲が強い?

 こうした“ネコ好き女性”の心理について、埼玉学園大学の古澤照幸教授(心理学)が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る