犬好きより寂しがり屋? 急増する「ネコ好き女性」攻略法

公開日: 更新日:

 空前のペットブームだ。ペットの数を毎年推計している「平成27年全国犬猫飼育実態調査」((社)ペットフード協会)によると、犬は991万7000匹、ネコは987万4000匹。合わせて1979万匹は、我が国の子供の数(15歳以下人口)1617万人(総務省「人口推計」)より362万匹も多い。

 ここ数年は飼いやすさもあってか、犬の数は減っているのにネコの数は微増傾向が続いており、ペットの数で犬ネコ逆転は時間の問題といえそう。実際、街には癒やしを求めてネコに触れたり抱いたりできるネコカフェが増え、ネコ本やカレンダーも売り上げを伸ばす。もちろん、自宅でネコを飼う独身女性も少なくない。“ネコ派”拡大中というのが時代の流れだ。

■“ネコ好き女性”は独占欲が強い?

 こうした“ネコ好き女性”の心理について、埼玉学園大学の古澤照幸教授(心理学)が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  7. 7

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  8. 8

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  9. 9

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  10. 10

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る