日頃の習慣の影響大 脳の活性化に「いい癖」と「悪い癖」

公開日:  更新日:

 人の名前が出てこなかったり、企画書を作るのに時間がかかったり……。「年のせいかな~」と思っている人も多いだろうが、さにあらず。実は普段の生活でやっている何げない癖のせいかもしれないのだ。

「脳は筋肉と同じで年齢に関係なく鍛えれば成長します。特に意識せずに行っている日常での脳の使い方、言い換えれば普段の癖が、脳を鍛えて機能を高めることもあれば、逆に悪い影響を与えることもあるのです」

 こう言うのは、脳科学者の岩崎一郎氏。著書に「はたらく人のコンディショニング事典」(共著 クロスメディア・パブリッシング)などを持つ。

 脳は、「見る」「判断する」など、機能によっていくつもの部位に分かれているが、連携して働くため満遍なく使うことが大切という。偏った使い方は脳に疲労を与え、他の使わない脳機能を低下させるそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る