日頃の習慣の影響大 脳の活性化に「いい癖」と「悪い癖」

公開日: 更新日:

 人の名前が出てこなかったり、企画書を作るのに時間がかかったり……。「年のせいかな~」と思っている人も多いだろうが、さにあらず。実は普段の生活でやっている何げない癖のせいかもしれないのだ。

「脳は筋肉と同じで年齢に関係なく鍛えれば成長します。特に意識せずに行っている日常での脳の使い方、言い換えれば普段の癖が、脳を鍛えて機能を高めることもあれば、逆に悪い影響を与えることもあるのです」

 こう言うのは、脳科学者の岩崎一郎氏。著書に「はたらく人のコンディショニング事典」(共著 クロスメディア・パブリッシング)などを持つ。

 脳は、「見る」「判断する」など、機能によっていくつもの部位に分かれているが、連携して働くため満遍なく使うことが大切という。偏った使い方は脳に疲労を与え、他の使わない脳機能を低下させるそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    チャリティーゴルフで社会貢献 人気絶頂女子プロの“本音”

もっと見る