• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

食通芸人・木村祐一をとりこに 魚料理がうまい居酒屋「ハル」

 料理愛好家として数々の料理本を出版している食通のお笑い芸人、“キム兄”こと木村祐一(53)。グルメなキム兄の舌をとりこにしたのが魚料理が評判の居酒屋「ハル」だ。

 場所は中目黒駅から5分ほど歩いた目黒銀座商店街の一角。数多くの飲食店がしのぎを削るこのエリアで、17年にわたり近隣住民やサラリーマンに親しまれてきた。

 店主は元板前で15年ほど修業を重ねた末、結婚を機に独立して店をオープン。店名は「春が来た」に由来しているという。

 コンセプトは「旬の魚介の持ち味を存分に生かすこと」。店主自ら築地へ足を運び、板前時代に培った鋭い目利きで素材を厳選。さまざまな調理法を巧みに使い分け、素材のうまさを引き出す職人技がキム兄をはじめ、多くの食通たちを魅了してきた。

 中でも長年支持されてきたこの店の名物が、ぶつ切りのマグロを自家製のユッケダレで味付けした創作料理「ハルユッケ丼」(税別1000円)。タレに長く漬け込むことはせず、軽く和えるだけにすることで、マグロ本来の食感や味わいをしっかりと引き出している。口に入れるとマグロは脂が乗っていて、ほんのり甘いタレと相性抜群! 海苔の風味、キュウリのシャキシャキ感がアクセントになって、噛むほどに至福に満たされる。ご飯にもタレがよく染みていて、まろやかな黄身とともに心地よく喉元を通過。一粒残らず味わいたくなる、ヤミツキ必至の逸品だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る