食通芸人・木村祐一をとりこに 魚料理がうまい居酒屋「ハル」

公開日: 更新日:

 料理愛好家として数々の料理本を出版している食通のお笑い芸人、“キム兄”こと木村祐一(53)。グルメなキム兄の舌をとりこにしたのが魚料理が評判の居酒屋「ハル」だ。

 場所は中目黒駅から5分ほど歩いた目黒銀座商店街の一角。数多くの飲食店がしのぎを削るこのエリアで、17年にわたり近隣住民やサラリーマンに親しまれてきた。

 店主は元板前で15年ほど修業を重ねた末、結婚を機に独立して店をオープン。店名は「春が来た」に由来しているという。

 コンセプトは「旬の魚介の持ち味を存分に生かすこと」。店主自ら築地へ足を運び、板前時代に培った鋭い目利きで素材を厳選。さまざまな調理法を巧みに使い分け、素材のうまさを引き出す職人技がキム兄をはじめ、多くの食通たちを魅了してきた。

 中でも長年支持されてきたこの店の名物が、ぶつ切りのマグロを自家製のユッケダレで味付けした創作料理「ハルユッケ丼」(税別1000円)。タレに長く漬け込むことはせず、軽く和えるだけにすることで、マグロ本来の食感や味わいをしっかりと引き出している。口に入れるとマグロは脂が乗っていて、ほんのり甘いタレと相性抜群! 海苔の風味、キュウリのシャキシャキ感がアクセントになって、噛むほどに至福に満たされる。ご飯にもタレがよく染みていて、まろやかな黄身とともに心地よく喉元を通過。一粒残らず味わいたくなる、ヤミツキ必至の逸品だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

  2. 2
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

  3. 3
    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

もっと見る

  1. 6
    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

  2. 7
    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

  3. 8
    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

  4. 9
    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

  5. 10
    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号

    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号