食通芸人・木村祐一をとりこに 魚料理がうまい居酒屋「ハル」

公開日: 更新日:

 料理愛好家として数々の料理本を出版している食通のお笑い芸人、“キム兄”こと木村祐一(53)。グルメなキム兄の舌をとりこにしたのが魚料理が評判の居酒屋「ハル」だ。

 場所は中目黒駅から5分ほど歩いた目黒銀座商店街の一角。数多くの飲食店がしのぎを削るこのエリアで、17年にわたり近隣住民やサラリーマンに親しまれてきた。

 店主は元板前で15年ほど修業を重ねた末、結婚を機に独立して店をオープン。店名は「春が来た」に由来しているという。

 コンセプトは「旬の魚介の持ち味を存分に生かすこと」。店主自ら築地へ足を運び、板前時代に培った鋭い目利きで素材を厳選。さまざまな調理法を巧みに使い分け、素材のうまさを引き出す職人技がキム兄をはじめ、多くの食通たちを魅了してきた。

 中でも長年支持されてきたこの店の名物が、ぶつ切りのマグロを自家製のユッケダレで味付けした創作料理「ハルユッケ丼」(税別1000円)。タレに長く漬け込むことはせず、軽く和えるだけにすることで、マグロ本来の食感や味わいをしっかりと引き出している。口に入れるとマグロは脂が乗っていて、ほんのり甘いタレと相性抜群! 海苔の風味、キュウリのシャキシャキ感がアクセントになって、噛むほどに至福に満たされる。ご飯にもタレがよく染みていて、まろやかな黄身とともに心地よく喉元を通過。一粒残らず味わいたくなる、ヤミツキ必至の逸品だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

  9. 9

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  10. 10

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

もっと見る