マンション議決権「1住戸1票」の“平等”が崩れる衝撃

公開日:  更新日:

 これからのマンションはお金持ちの住人ほど優遇される。

 国交省が今月14日、「マンション標準管理規約」(局長通知)の改正を公示した。標準規約自体に法的拘束力はないが、トラブルが起きた場合の指針になるから重要だ。

 どのメディアも報じていないが、今回の改正に衝撃的な内容がある。「議決権」を巡る項目だ。

 これまで議決権は1住戸1票とされていたが、これからは「専有面積の割合」に応じて賛否を算出するのが適当であるとしたのだ。どういうことかというと、広い部屋に住んでいる人ほど議決権が大きくなるということだ。さらに今回は「専有部分の階数(眺望、日照等)、方角(日照等)を考慮した価値の違いに基づく価値割合を基礎として、議決権の割合を定めることも考えられる」と一歩踏み込んでいる。

 簡単にいえば、タワーマンションなどでは下層階と上層階で大きく物件価格が変わるのだから、上の階に住んでいる人ほど優遇されるべきというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る