マンション議決権「1住戸1票」の“平等”が崩れる衝撃

公開日:  更新日:

 これからのマンションはお金持ちの住人ほど優遇される。

 国交省が今月14日、「マンション標準管理規約」(局長通知)の改正を公示した。標準規約自体に法的拘束力はないが、トラブルが起きた場合の指針になるから重要だ。

 どのメディアも報じていないが、今回の改正に衝撃的な内容がある。「議決権」を巡る項目だ。

 これまで議決権は1住戸1票とされていたが、これからは「専有面積の割合」に応じて賛否を算出するのが適当であるとしたのだ。どういうことかというと、広い部屋に住んでいる人ほど議決権が大きくなるということだ。さらに今回は「専有部分の階数(眺望、日照等)、方角(日照等)を考慮した価値の違いに基づく価値割合を基礎として、議決権の割合を定めることも考えられる」と一歩踏み込んでいる。

 簡単にいえば、タワーマンションなどでは下層階と上層階で大きく物件価格が変わるのだから、上の階に住んでいる人ほど優遇されるべきというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る