マンション選び 「部屋の“数”より“広さ”が大事」と1級建築士

公開日:  更新日:

 マンション選びの悩みのひとつが「間取り」だろう。例えば、これから子育てをしようという世帯。

 今はまだ子どもが1人だから2LDKで十分だが今後増えるかもしれないから3LDK、いや4LDKは欲しい? でも結局1人だったら……こんなモヤモヤに対し、ピシャリ、「部屋の数より大事なのは“広さ”」と言うのは、1級建築士で住まい選びに関する著書もある井上恵子氏だ。

「部屋が広ければ、あとでカーテンレールや可動式家具で区切ることができます。一室6畳未満だと、そうはいきません。2LDKか3LDKかで迷っているなら、8畳以上の部屋が1つ以上ある2LDKがおすすめですね」

 ちなみに国が定めた「住生活基本計画」の「居住面積水準」によると、4人家族の場合、1世帯50平方メートルが最低ライン。理想は95平方メートルとなっている(都市型マンションの場合)。ま、90平方メートルを超える物件など、そう多くはないが、一定の目安にはなるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  4. 4

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  10. 10

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

もっと見る