2年で8倍に…急増の「標的型メール」にどう対応するべき

公開日:  更新日:

 知人のメールアドレスで添付ファイルが届いた。何の気なしに開いたら、ウイルスに感染! そんな“なりすまし”の標的型メール被害が急増し、企業のネットセキュリティー担当者を悩ませている。先月17日の警察庁の発表によると、昨年は3828件(連携事業者等から報告を受けた件数)。13年が492件だから実に8倍増だ。

 不特定多数に向けた迷惑メールに引っかかることは、さすがにないだろうが、標的型は特定の組織や人に絞って狙ってくる。実在する同僚や顧客になりすまし、たとえば「営業部」「先日の件」なんて具合に、いかにもありそうな内容にカスタマイズして送ってくる。セキュリティーソフトでの防衛も難しいというから厄介だ。

 セキュリティーソフト大手、トレンドマイクロ広報部の鰆目順介氏がこう言う。

「名前やアドレスを偽って送付すること自体は、技術的には容易です。標的の個人情報は取引先企業から盗まれることも。企業が持っている顧客情報は金銭的価値が高く、どの企業も常に狙われていると考えた方がいい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る