2年で8倍に…急増の「標的型メール」にどう対応するべき

公開日: 更新日:

 知人のメールアドレスで添付ファイルが届いた。何の気なしに開いたら、ウイルスに感染! そんな“なりすまし”の標的型メール被害が急増し、企業のネットセキュリティー担当者を悩ませている。先月17日の警察庁の発表によると、昨年は3828件(連携事業者等から報告を受けた件数)。13年が492件だから実に8倍増だ。

 不特定多数に向けた迷惑メールに引っかかることは、さすがにないだろうが、標的型は特定の組織や人に絞って狙ってくる。実在する同僚や顧客になりすまし、たとえば「営業部」「先日の件」なんて具合に、いかにもありそうな内容にカスタマイズして送ってくる。セキュリティーソフトでの防衛も難しいというから厄介だ。

 セキュリティーソフト大手、トレンドマイクロ広報部の鰆目順介氏がこう言う。

「名前やアドレスを偽って送付すること自体は、技術的には容易です。標的の個人情報は取引先企業から盗まれることも。企業が持っている顧客情報は金銭的価値が高く、どの企業も常に狙われていると考えた方がいい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  5. 5

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  6. 6

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  7. 7

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る