2年で8倍に…急増の「標的型メール」にどう対応するべき

公開日: 更新日:

 知人のメールアドレスで添付ファイルが届いた。何の気なしに開いたら、ウイルスに感染! そんな“なりすまし”の標的型メール被害が急増し、企業のネットセキュリティー担当者を悩ませている。先月17日の警察庁の発表によると、昨年は3828件(連携事業者等から報告を受けた件数)。13年が492件だから実に8倍増だ。

 不特定多数に向けた迷惑メールに引っかかることは、さすがにないだろうが、標的型は特定の組織や人に絞って狙ってくる。実在する同僚や顧客になりすまし、たとえば「営業部」「先日の件」なんて具合に、いかにもありそうな内容にカスタマイズして送ってくる。セキュリティーソフトでの防衛も難しいというから厄介だ。

 セキュリティーソフト大手、トレンドマイクロ広報部の鰆目順介氏がこう言う。

「名前やアドレスを偽って送付すること自体は、技術的には容易です。標的の個人情報は取引先企業から盗まれることも。企業が持っている顧客情報は金銭的価値が高く、どの企業も常に狙われていると考えた方がいい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  6. 6

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  7. 7

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  8. 8

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  9. 9

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

  10. 10

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

もっと見る