2年で8倍に…急増の「標的型メール」にどう対応するべき

公開日:  更新日:

 知人のメールアドレスで添付ファイルが届いた。何の気なしに開いたら、ウイルスに感染! そんな“なりすまし”の標的型メール被害が急増し、企業のネットセキュリティー担当者を悩ませている。先月17日の警察庁の発表によると、昨年は3828件(連携事業者等から報告を受けた件数)。13年が492件だから実に8倍増だ。

 不特定多数に向けた迷惑メールに引っかかることは、さすがにないだろうが、標的型は特定の組織や人に絞って狙ってくる。実在する同僚や顧客になりすまし、たとえば「営業部」「先日の件」なんて具合に、いかにもありそうな内容にカスタマイズして送ってくる。セキュリティーソフトでの防衛も難しいというから厄介だ。

 セキュリティーソフト大手、トレンドマイクロ広報部の鰆目順介氏がこう言う。

「名前やアドレスを偽って送付すること自体は、技術的には容易です。標的の個人情報は取引先企業から盗まれることも。企業が持っている顧客情報は金銭的価値が高く、どの企業も常に狙われていると考えた方がいい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る