妻のスマホに“遠隔操作アプリ”で逮捕 夫でも罪になる「法律」

公開日: 更新日:

 妻のスマホに細工をした夫が逮捕――。こんな事件が奈良県で起きた。

 奈良県警生活環境課に不正指令電磁的記録供用容疑で逮捕されたのは桜井市に住む会社員(35)。昨年7月、30代の妻のスマホに無断で遠隔操作アプリをインストールした疑いだ。

「2人は結婚10年くらいで子供もいます。今年の3月31日、妻がスマホに見覚えのないアプリがインストールされているのに気づいて警察に相談。“夫しか考えられない”と通報し、警察が夫を問い詰めたところ、インストールの事実を認めたのです。夫はGPS機能で妻の居場所を把握し、スマホでの通話を録音していた。いま2人は別居中。動機はまだ不明です」

 他人ならともかく、配偶者のスマホに細工しても捕まるとは意外だ。

「不正指令電磁的記録供用は誰かのパソコンやスマホにウイルスを入れるのを禁じる法律。これをアプリにも適用して逮捕したことになります」とは、元東京地検検事で弁護士の落合洋司氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る