妻のスマホに“遠隔操作アプリ”で逮捕 夫でも罪になる「法律」

公開日:  更新日:

 妻のスマホに細工をした夫が逮捕――。こんな事件が奈良県で起きた。

 奈良県警生活環境課に不正指令電磁的記録供用容疑で逮捕されたのは桜井市に住む会社員(35)。昨年7月、30代の妻のスマホに無断で遠隔操作アプリをインストールした疑いだ。

「2人は結婚10年くらいで子供もいます。今年の3月31日、妻がスマホに見覚えのないアプリがインストールされているのに気づいて警察に相談。“夫しか考えられない”と通報し、警察が夫を問い詰めたところ、インストールの事実を認めたのです。夫はGPS機能で妻の居場所を把握し、スマホでの通話を録音していた。いま2人は別居中。動機はまだ不明です」

 他人ならともかく、配偶者のスマホに細工しても捕まるとは意外だ。

「不正指令電磁的記録供用は誰かのパソコンやスマホにウイルスを入れるのを禁じる法律。これをアプリにも適用して逮捕したことになります」とは、元東京地検検事で弁護士の落合洋司氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  7. 7

    北方領土問題には触れず 日ロ首脳会談はやはり“中身ゼロ”

  8. 8

    問題山積でも突き進む…外国人労働者受け入れに専門家警鐘

  9. 9

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る