言動一つで印象ガラリ 出世する男の話し方はここが違う

公開日: 更新日:

 春は未知との遭遇。若手社員との付き合いや、異動先での人間関係に悩むサラリーマンは多いだろう。何事も最初が肝心というが、どうせなら頭のいい男と思わせたいもの。それは会話時のちょっとした“意識”で演出できるという。「話し方で、男は決まる」の著者で櫻井弘話し方研究所代表の櫻井弘氏に聞いた。

■挨拶編

①挨拶は「フルネーム」で

「30年ほど企業の研修・講演などで全国を訪れ、サラリーマンに自分の名前の名乗り方を聞いて回りました。すると、職場で同じ名字が複数いる場合などを除き、ほぼ100%、フルネームで名乗る人はいませんでした。下の名前を紹介することで、意外性から印象に残るだけでなく、丁寧で感じのよさが伝わります。同じ世代なら、同じ名前の人が多かったり、漢字や名前の由来など共通点が生まれやすい。自分の名前をもとにした会話なので、こちらが主導権を握り自信を持って、堂々と話すことができるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  10. 10

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

もっと見る