言動一つで印象ガラリ 出世する男の話し方はここが違う

公開日:  更新日:

 春は未知との遭遇。若手社員との付き合いや、異動先での人間関係に悩むサラリーマンは多いだろう。何事も最初が肝心というが、どうせなら頭のいい男と思わせたいもの。それは会話時のちょっとした“意識”で演出できるという。「話し方で、男は決まる」の著者で櫻井弘話し方研究所代表の櫻井弘氏に聞いた。

■挨拶編

①挨拶は「フルネーム」で

「30年ほど企業の研修・講演などで全国を訪れ、サラリーマンに自分の名前の名乗り方を聞いて回りました。すると、職場で同じ名字が複数いる場合などを除き、ほぼ100%、フルネームで名乗る人はいませんでした。下の名前を紹介することで、意外性から印象に残るだけでなく、丁寧で感じのよさが伝わります。同じ世代なら、同じ名前の人が多かったり、漢字や名前の由来など共通点が生まれやすい。自分の名前をもとにした会話なので、こちらが主導権を握り自信を持って、堂々と話すことができるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る