言動一つで印象ガラリ 出世する男の話し方はここが違う

公開日: 更新日:

 春は未知との遭遇。若手社員との付き合いや、異動先での人間関係に悩むサラリーマンは多いだろう。何事も最初が肝心というが、どうせなら頭のいい男と思わせたいもの。それは会話時のちょっとした“意識”で演出できるという。「話し方で、男は決まる」の著者で櫻井弘話し方研究所代表の櫻井弘氏に聞いた。

■挨拶編

①挨拶は「フルネーム」で

「30年ほど企業の研修・講演などで全国を訪れ、サラリーマンに自分の名前の名乗り方を聞いて回りました。すると、職場で同じ名字が複数いる場合などを除き、ほぼ100%、フルネームで名乗る人はいませんでした。下の名前を紹介することで、意外性から印象に残るだけでなく、丁寧で感じのよさが伝わります。同じ世代なら、同じ名前の人が多かったり、漢字や名前の由来など共通点が生まれやすい。自分の名前をもとにした会話なので、こちらが主導権を握り自信を持って、堂々と話すことができるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  5. 5

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  6. 6

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  7. 7

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  8. 8

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  9. 9

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る