味の素は7時間労働へ 広がる“残業ゼロ”の傾向と最善策

公開日: 更新日:

 うらやましい話だ。味の素は来年4月から1日の所定労働時間を20分短縮して、7時間15分にするという。サラリーマン社会は1日8時間勤務が相場だから、45分も短い。しかも有給休暇はそれまで通り十分消化でき、基本給もそのまま。同社の平均年収は923万円に上る。部長クラスなら、年収1000万円の大台も夢じゃない。なんとかあやかれないものか。

“味の素にならえ”で就業時間を45分短縮することは難しくても、働き方の工夫で残業時間を減らすことはできる。管理職として部署の残業時間をゼロにできれば出世のアピールになるし、社員にとっては浮いた残業代が給料アップの原資になる。残業ゼロを目指すのは悪い話ではないが、どうやるか。

「私は現役時代、社員と相談して、午後8時(一般職は7時)にパソコンがシャットダウンする仕組みを取り入れたところ残業時間が大幅に減った」と言うのは、「100回言ってもできないダメ部下を動かす上司の言葉」などの著者で、SBIモーゲージ元取締執行役員常務の横山信治氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  2. 2

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  3. 3

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  4. 4

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  7. 7

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  8. 8

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  9. 9

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  10. 10

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る