社内評価は下がらず 「残業・休日出勤ゼロ」への最強法則

公開日: 更新日:

「昨日は1時間、今夜は2時間半か……」

 入社3年目。営業マンのKクンは、残業の多さが悩みの種だ。1週間に合計7~8時間はザラ。10時間を超える週もあるのに残業代は出ない。いや、だれも“つけない”。少しずつ仕事がたまってしまうので、2週に1回は、土曜日出勤で書類整理をこなしている。

「マジ、疲れてきました。日曜日は一日中、寝ています」(Kクン)

 Kクンの部署は自分だけサッと帰る雰囲気はないに等しい。S課長が帰るまで、だれも席を立たないからだ。無意味な“お付き合い残業”時間も多いのだ。

 こうした残業や休日出勤から、抜け出す手だてはないのだろうか? 多くのサラリーマンが知恵を絞ってきたハズだが、決定打は少ない。ひとりサッサと帰っては人間関係にヒビが入る。評価が下がるのも嫌だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  9. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 9

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  11. 10

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

もっと見る