ネット通販の「送料無料」はなぜ可能なのか?

公開日: 更新日:

 ネット通販で会費を払えば「送料無料」をうたうサイトが増えている。

 代表格は「アマゾン」で、全品送料無料こそ終了したが、3900円の年会費を払うと、通常送料に加え、当日配送便や日時指定便も無料になる。

 ファッション通販サイト「ゾゾタウン」も、完全無料ではないが月々350円払えば配送・返品送料が何度でもタダになる。

 会費制とはいえ、割に合うサービスではない。なぜこうした太っ腹なことが可能なのか?

「個別の取引では完全に赤字です。しかし、送料無料で客を引きつけることができれば、他の商品も買ってもらえる。その中には送料分を補って余りあるほど利益率の高いものも。トータルで見れば利益が上がるようになっているのです」と言うのは、経済評論家の門倉貴史氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

もっと見る