月額440円も…「格安スマホ」激安登場で乗り換え客急増中

公開日: 更新日:

 ジャニーズの山P(山下智久)が胸をはだけるとデカデカ“爆安”の文字。画面に“月額440円~”のテロップが躍る――。目下、テレビで放送中のDMMモバイルの格安スマホのCMだ。“月額440円~”とは、毎月数千円の携帯料金を払っているお父さんは「びっくりぽん!」ではないか。

「最近、携帯料金に敏感なお客さまが増えています。平日は昼や夕方が混雑し、土日はひっきりなしに1日100人を超えるお客さまが購入や相談にいらっしゃいます」(ビックカメラ有楽町店1階の格安スマホ専用カウンター担当者)

 サラリーマンが主力だが、ファミリー層の相談も増えてきたそうだ。

 格安スマホ希望者は、①SIMカードを買って入れ替えるか②SIMフリーの新しい端末を購入する。端末価格は、2万~3万円台が人気だ。手続きは最短30分ほど。これだけで携帯料金はガクンと下がる!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

もっと見る