月額440円も…「格安スマホ」激安登場で乗り換え客急増中

公開日: 更新日:

 ジャニーズの山P(山下智久)が胸をはだけるとデカデカ“爆安”の文字。画面に“月額440円~”のテロップが躍る――。目下、テレビで放送中のDMMモバイルの格安スマホのCMだ。“月額440円~”とは、毎月数千円の携帯料金を払っているお父さんは「びっくりぽん!」ではないか。

「最近、携帯料金に敏感なお客さまが増えています。平日は昼や夕方が混雑し、土日はひっきりなしに1日100人を超えるお客さまが購入や相談にいらっしゃいます」(ビックカメラ有楽町店1階の格安スマホ専用カウンター担当者)

 サラリーマンが主力だが、ファミリー層の相談も増えてきたそうだ。

 格安スマホ希望者は、①SIMカードを買って入れ替えるか②SIMフリーの新しい端末を購入する。端末価格は、2万~3万円台が人気だ。手続きは最短30分ほど。これだけで携帯料金はガクンと下がる!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  3. 3

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  4. 4

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  5. 5

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  6. 6

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  7. 7

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  8. 8

    NGT48山口真帆の気になる卒業後 引っ張りダコか干されるか

  9. 9

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

  10. 10

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る