笹崎アナは日テレ2番手に “元ホステス”なぜ会社で躍進?

公開日: 更新日:

 自民党の赤枝恒雄衆院議員(72)が、「親に言われて仕方なく進学しても、女の子はキャバクラに行く」と発言し、批判されている。子どもの貧困対策を話し合う会合で、「高校や大学は自分の責任で行くものだ」と強調、国の援助は必要ないと決めつけたのだ。

 さすが都心の一等地に病院を構えている人は感覚が違う。子どもに教育を受けさせられない貧困層など捨てておけというわけである。

 確かにキャバクラやクラブで働く女子大生は多いが、子どもの貧困格差を調べたユニセフの報告書によると、日本は先進41カ国中34位(小さい順)で、格差が大問題になっている米国(30位)より下だった。暮らしのために“夜の蝶”に化ける大学生は現実にいるし、社会に出ればホステス経験をプラスにすることも可能だ。

 たとえば、銀座勤めを理由に内定が取り消され、裁判に訴えた日本テレビの笹崎里菜アナ(24)である。コラムニストの桧山珠美氏は、「今や人気1位の水卜麻美アナに次ぐ存在になっています」と評価した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る