笹崎里菜、W玲奈…2016年「女子アナ戦国時代」覇者は?

公開日: 更新日:

 女子アナといえば民放各局の“華”。才色兼備が我こそはと覇を競う姿はまさに群雄割拠。2016年女子アナ戦国時代の趨勢を占う!

■“お騒がせアナ”笹崎里菜が開花

 まず、日本テレビは“お騒がせアナ”の笹崎里菜アナだ。銀座ホステスのバイト歴で内定取り消しから一転、今や次代の局の顔として注目されている。学生時代に「ミス東洋英和」に輝いたルックスは、日テレの中でもピカイチ。

 1年間にわたり、密着取材されている「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」では生真面目な様子を見せ、「笑点」のアナウンサー大喜利ではユニークな回答で会場を沸かせた。今はまだ担当番組が「シューイチ」1本だが、今後、バラエティー番組を中心に活躍するのは間違いない。

 そしてもうひとり、2016年1月末をもって退社し、“タレント転向”が報じられた上田まりえアナ。マツコ・デラックスのお気に入りで、今後は“マツコ専属アナウンサー”となる可能性もある。そうなれば、大ブレークするかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  10. 10

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

もっと見る