• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

笹崎里菜、W玲奈…2016年「女子アナ戦国時代」覇者は?

 女子アナといえば民放各局の“華”。才色兼備が我こそはと覇を競う姿はまさに群雄割拠。2016年女子アナ戦国時代の趨勢を占う!

■“お騒がせアナ”笹崎里菜が開花

 まず、日本テレビは“お騒がせアナ”の笹崎里菜アナだ。銀座ホステスのバイト歴で内定取り消しから一転、今や次代の局の顔として注目されている。学生時代に「ミス東洋英和」に輝いたルックスは、日テレの中でもピカイチ。

 1年間にわたり、密着取材されている「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」では生真面目な様子を見せ、「笑点」のアナウンサー大喜利ではユニークな回答で会場を沸かせた。今はまだ担当番組が「シューイチ」1本だが、今後、バラエティー番組を中心に活躍するのは間違いない。

 そしてもうひとり、2016年1月末をもって退社し、“タレント転向”が報じられた上田まりえアナ。マツコ・デラックスのお気に入りで、今後は“マツコ専属アナウンサー”となる可能性もある。そうなれば、大ブレークするかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る