笹崎里菜、W玲奈…2016年「女子アナ戦国時代」覇者は?

公開日: 更新日:

 女子アナといえば民放各局の“華”。才色兼備が我こそはと覇を競う姿はまさに群雄割拠。2016年女子アナ戦国時代の趨勢を占う!

■“お騒がせアナ”笹崎里菜が開花

 まず、日本テレビは“お騒がせアナ”の笹崎里菜アナだ。銀座ホステスのバイト歴で内定取り消しから一転、今や次代の局の顔として注目されている。学生時代に「ミス東洋英和」に輝いたルックスは、日テレの中でもピカイチ。

 1年間にわたり、密着取材されている「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」では生真面目な様子を見せ、「笑点」のアナウンサー大喜利ではユニークな回答で会場を沸かせた。今はまだ担当番組が「シューイチ」1本だが、今後、バラエティー番組を中心に活躍するのは間違いない。

 そしてもうひとり、2016年1月末をもって退社し、“タレント転向”が報じられた上田まりえアナ。マツコ・デラックスのお気に入りで、今後は“マツコ専属アナウンサー”となる可能性もある。そうなれば、大ブレークするかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  5. 5

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  6. 6

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  9. 9

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

  10. 10

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

もっと見る