笹崎里菜、W玲奈…2016年「女子アナ戦国時代」覇者は?

公開日:  更新日:

 女子アナといえば民放各局の“華”。才色兼備が我こそはと覇を競う姿はまさに群雄割拠。2016年女子アナ戦国時代の趨勢を占う!

■“お騒がせアナ”笹崎里菜が開花

 まず、日本テレビは“お騒がせアナ”の笹崎里菜アナだ。銀座ホステスのバイト歴で内定取り消しから一転、今や次代の局の顔として注目されている。学生時代に「ミス東洋英和」に輝いたルックスは、日テレの中でもピカイチ。

 1年間にわたり、密着取材されている「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」では生真面目な様子を見せ、「笑点」のアナウンサー大喜利ではユニークな回答で会場を沸かせた。今はまだ担当番組が「シューイチ」1本だが、今後、バラエティー番組を中心に活躍するのは間違いない。

 そしてもうひとり、2016年1月末をもって退社し、“タレント転向”が報じられた上田まりえアナ。マツコ・デラックスのお気に入りで、今後は“マツコ専属アナウンサー”となる可能性もある。そうなれば、大ブレークするかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る