• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<ケース5>言いたいことを口に出せない

心の底の「でもね」をやめて常に相手を肯定する

 子供みたいに放言していられる政治家や芸能人がうらやましい。思うように言いたいことを口に出せないことは、サラリーマンならだれしもあるだろう。上司の前ならなおさらだ。しかし、そんな“壁”を前にいつまでもイジイジともがいている人は勘違いしているのかもしれない。

 ビジネスコンサルタントの横山信治氏が言う。

「そういう人は、『波風立てたくないから』ともっともらしく黙っていますが、それは建前。本音は、自分が傷つきたくないだけです。そういう思考パターンを繰り返しながら年を重ねると、条件反射で話さなくていい理由を口から並べるようになります。一見、周りのことを考えているようで、自分しか見ていない。ストレス耐性が低いのです」

 ウソをついたり、ミスを見て見ぬフリしたりするのが、そのタイプ。たとえば、上司のミスに気づいたら、周りに知られないように指摘できれば上司はメンツをつぶさずに済む。それが上司への気配りだが、“困ったちゃん”はそこに思いが及ばず、「マズイことを伝えて怒られたらどうしよう」と考える。主役は常に自分だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る