<ケース5>言いたいことを口に出せない

公開日: 更新日:

心の底の「でもね」をやめて常に相手を肯定する

 子供みたいに放言していられる政治家や芸能人がうらやましい。思うように言いたいことを口に出せないことは、サラリーマンならだれしもあるだろう。上司の前ならなおさらだ。しかし、そんな“壁”を前にいつまでもイジイジともがいている人は勘違いしているのかもしれない。

 ビジネスコンサルタントの横山信治氏が言う。

「そういう人は、『波風立てたくないから』ともっともらしく黙っていますが、それは建前。本音は、自分が傷つきたくないだけです。そういう思考パターンを繰り返しながら年を重ねると、条件反射で話さなくていい理由を口から並べるようになります。一見、周りのことを考えているようで、自分しか見ていない。ストレス耐性が低いのです」

 ウソをついたり、ミスを見て見ぬフリしたりするのが、そのタイプ。たとえば、上司のミスに気づいたら、周りに知られないように指摘できれば上司はメンツをつぶさずに済む。それが上司への気配りだが、“困ったちゃん”はそこに思いが及ばず、「マズイことを伝えて怒られたらどうしよう」と考える。主役は常に自分だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  8. 8

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

もっと見る