• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<ケース7>ダイエットがいつも三日坊主

PDCA法ならモチベーション持続する

 メタボ腹を何とかしないといけないと思いながら、ダイエットが三日坊主に終わってしまう。その壁は、どうすれば越えられるのか。

 美人ダイエットコーチのEICOさんは、「どうしてもヤセられなかった人たちが“おデブ習慣”に気づいたらみるみる10㎏ヤセました」(扶桑社)などの著書があり、約700人を10キロ以上ヤセさせてきた。「実は男性は、女性よりダイエット成功率が高いんです」とこう言う。

「男性は女性に比べて精神面での浮き沈みが少なくて、理性的でいることができます。これはダイエットを成功させるうえで一番大事な特性なのです。たとえばウオーキングを毎朝30分するという目標を設定して、三日坊主に終わったとしても、ほとんどの男性は『仕事が忙しく、時間が取れなかった』などと、理由をきちんと答えられる。こうした行動分析、達成度の確認能力を生かせば必ず前に進めますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  5. 5

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  8. 8

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  9. 9

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  10. 10

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

もっと見る