<第5回>黒川温泉、由布院…閑古鳥が鳴く人気観光地のいま

公開日: 更新日:

「北阿蘇地方はライフラインの断絶はなく、被害も最小限にとどまり、29軒中26軒が営業してます。ですが、予約は梅雨明けの7月ごろまでほぼ真っ白の状態。たくさんの方に来ていただきたいです」

 こう言うのは熊本県の黒川温泉観光旅館協同組合・北里有紀組合長だ。全国有数の人気温泉地が大きなダメージを受けている。

 くしくも今年は「入湯手形」発行30周年。今月8日から記念イベントを開始している。例年なら観光客であふれ返っているはずなだけに寂しいスタートを切った。

■それぞれ15万泊分の被害

 GWを挟んでも九州全体で53万泊分を超える予約が白紙になった。地震の被害が大きい熊本、大分の両県はそれぞれ15万泊分に上るという。熊本県内の観光施設は徐々に再開を始めているが「熊本城」を筆頭に「熊本市動植物園」「阿蘇ファームランド」「菊池渓谷」「南阿蘇鉄道」「グランメッセ熊本」などいまだに休業しているところも少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  6. 6

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    巨人50勝一番乗り&リーグ貯金独り占めで「CS不要論」再燃

  9. 9

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  10. 10

    楽天則本の7年契約にメジャースカウト仲間は肩を落とした

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る