<第5回>黒川温泉、由布院…閑古鳥が鳴く人気観光地のいま

公開日:  更新日:

「北阿蘇地方はライフラインの断絶はなく、被害も最小限にとどまり、29軒中26軒が営業してます。ですが、予約は梅雨明けの7月ごろまでほぼ真っ白の状態。たくさんの方に来ていただきたいです」

 こう言うのは熊本県の黒川温泉観光旅館協同組合・北里有紀組合長だ。全国有数の人気温泉地が大きなダメージを受けている。

 くしくも今年は「入湯手形」発行30周年。今月8日から記念イベントを開始している。例年なら観光客であふれ返っているはずなだけに寂しいスタートを切った。

■それぞれ15万泊分の被害

 GWを挟んでも九州全体で53万泊分を超える予約が白紙になった。地震の被害が大きい熊本、大分の両県はそれぞれ15万泊分に上るという。熊本県内の観光施設は徐々に再開を始めているが「熊本城」を筆頭に「熊本市動植物園」「阿蘇ファームランド」「菊池渓谷」「南阿蘇鉄道」「グランメッセ熊本」などいまだに休業しているところも少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る