• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第5回>黒川温泉、由布院…閑古鳥が鳴く人気観光地のいま

「北阿蘇地方はライフラインの断絶はなく、被害も最小限にとどまり、29軒中26軒が営業してます。ですが、予約は梅雨明けの7月ごろまでほぼ真っ白の状態。たくさんの方に来ていただきたいです」

 こう言うのは熊本県の黒川温泉観光旅館協同組合・北里有紀組合長だ。全国有数の人気温泉地が大きなダメージを受けている。

 くしくも今年は「入湯手形」発行30周年。今月8日から記念イベントを開始している。例年なら観光客であふれ返っているはずなだけに寂しいスタートを切った。

■それぞれ15万泊分の被害

 GWを挟んでも九州全体で53万泊分を超える予約が白紙になった。地震の被害が大きい熊本、大分の両県はそれぞれ15万泊分に上るという。熊本県内の観光施設は徐々に再開を始めているが「熊本城」を筆頭に「熊本市動植物園」「阿蘇ファームランド」「菊池渓谷」「南阿蘇鉄道」「グランメッセ熊本」などいまだに休業しているところも少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  10. 10

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

もっと見る