「動植物」の漢字は危ない 地名に隠された“災害サイン”

公開日: 更新日:

 大雨により福山市(広島県)は冠水、長崎市でも崖崩れが起こった。こんなふうに水害が続くと「サンズイがつく漢字の場所に行くのは気を付けよう」などと思うものだが、ちょっと待った。サンズイ地名より、危ない場所があるのだ。

「長い歴史の中で災害に遭った土地などは、子孫たちに教えるために、それを示唆する地名を付けているものです。しかし日本の地名の多くは漢字表記されるとき、正訓文字でなく借訓、借音によって表記してきたんですね。つまり、地名の漢字はほとんどが当て字ですから、現在使用している漢字の地名からその土地を判断することはできないんですよ」

 こういうのは、「地名情報資料室・地名110番」を主宰する地名評論家の楠原佑介氏だ。

 地名の“音”を古語に照らし合わせひもとくと、災害とはおよそかけ離れているような地名に「災害のサイン」が見えるのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る