• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「動植物」の漢字は危ない 地名に隠された“災害サイン”

 大雨により福山市(広島県)は冠水、長崎市でも崖崩れが起こった。こんなふうに水害が続くと「サンズイがつく漢字の場所に行くのは気を付けよう」などと思うものだが、ちょっと待った。サンズイ地名より、危ない場所があるのだ。

「長い歴史の中で災害に遭った土地などは、子孫たちに教えるために、それを示唆する地名を付けているものです。しかし日本の地名の多くは漢字表記されるとき、正訓文字でなく借訓、借音によって表記してきたんですね。つまり、地名の漢字はほとんどが当て字ですから、現在使用している漢字の地名からその土地を判断することはできないんですよ」

 こういうのは、「地名情報資料室・地名110番」を主宰する地名評論家の楠原佑介氏だ。

 地名の“音”を古語に照らし合わせひもとくと、災害とはおよそかけ離れているような地名に「災害のサイン」が見えるのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  6. 6

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  7. 7

    金正恩が愚痴ポロリ 軍部の融和路線封じで非核化も後退か

  8. 8

    2カ月雲隠れ 日大アメフト内田前監督の呆れた“銭ゲバ闘争”

  9. 9

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  10. 10

    日欧EPA署名で酪農大打撃 食卓から“国産牛乳”が消える日

もっと見る