「動植物」の漢字は危ない 地名に隠された“災害サイン”

公開日: 更新日:

 大雨により福山市(広島県)は冠水、長崎市でも崖崩れが起こった。こんなふうに水害が続くと「サンズイがつく漢字の場所に行くのは気を付けよう」などと思うものだが、ちょっと待った。サンズイ地名より、危ない場所があるのだ。

「長い歴史の中で災害に遭った土地などは、子孫たちに教えるために、それを示唆する地名を付けているものです。しかし日本の地名の多くは漢字表記されるとき、正訓文字でなく借訓、借音によって表記してきたんですね。つまり、地名の漢字はほとんどが当て字ですから、現在使用している漢字の地名からその土地を判断することはできないんですよ」

 こういうのは、「地名情報資料室・地名110番」を主宰する地名評論家の楠原佑介氏だ。

 地名の“音”を古語に照らし合わせひもとくと、災害とはおよそかけ離れているような地名に「災害のサイン」が見えるのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  2. 2

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  3. 3

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  6. 6

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  7. 7

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  8. 8

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  9. 9

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  10. 10

    安全保障を損得勘定でしか考えられない低知能の似た者同士

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る