「動植物」の漢字は危ない 地名に隠された“災害サイン”

公開日:  更新日:

 大雨により福山市(広島県)は冠水、長崎市でも崖崩れが起こった。こんなふうに水害が続くと「サンズイがつく漢字の場所に行くのは気を付けよう」などと思うものだが、ちょっと待った。サンズイ地名より、危ない場所があるのだ。

「長い歴史の中で災害に遭った土地などは、子孫たちに教えるために、それを示唆する地名を付けているものです。しかし日本の地名の多くは漢字表記されるとき、正訓文字でなく借訓、借音によって表記してきたんですね。つまり、地名の漢字はほとんどが当て字ですから、現在使用している漢字の地名からその土地を判断することはできないんですよ」

 こういうのは、「地名情報資料室・地名110番」を主宰する地名評論家の楠原佑介氏だ。

 地名の“音”を古語に照らし合わせひもとくと、災害とはおよそかけ離れているような地名に「災害のサイン」が見えるのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る