• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「動植物」の漢字は危ない 地名に隠された“災害サイン”

 大雨により福山市(広島県)は冠水、長崎市でも崖崩れが起こった。こんなふうに水害が続くと「サンズイがつく漢字の場所に行くのは気を付けよう」などと思うものだが、ちょっと待った。サンズイ地名より、危ない場所があるのだ。

「長い歴史の中で災害に遭った土地などは、子孫たちに教えるために、それを示唆する地名を付けているものです。しかし日本の地名の多くは漢字表記されるとき、正訓文字でなく借訓、借音によって表記してきたんですね。つまり、地名の漢字はほとんどが当て字ですから、現在使用している漢字の地名からその土地を判断することはできないんですよ」

 こういうのは、「地名情報資料室・地名110番」を主宰する地名評論家の楠原佑介氏だ。

 地名の“音”を古語に照らし合わせひもとくと、災害とはおよそかけ離れているような地名に「災害のサイン」が見えるのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る