薄毛男性にピッタリ 「飲む日焼け止め」のメカニズムとは

公開日: 更新日:

 アメリカのNASAが「今年は史上最も暑い年になる」と、思わず鳥肌が立つような恐ろしい警鐘を発している。

 当然ながら、降り注ぐ紫外線量も強烈だ。紫外線は皮膚がんやシミ・シワ、免疫機能低下などの原因とされ、できることならば避けたい。

 外回りの営業マンなどは、すでに日焼け止めクリームやUV繊維などで対策を講じている人もいるだろうが、最近の研究では“外”からの防御だけでは完璧に紫外線をガードできないことが分かっている。

 そこで2016年夏に注目なのが、“内”から紫外線をガードする「飲む日焼け止め」だ。

 代表的なのは、ポリポディウム・レウコトモスという南米産のシダ植物から抽出したフェーンブロックという成分を使った「ヘリオケア」(スペイン)。一方、同様の成分で日本製の「フローレスC60ノーブ」(noUV社)も販売されており、国内でも徐々に認知が広まってきている。抗酸化作用のあるビタミンCとE、活性酸素を減らすリコピンなども含まれ、“老化予防”としての効果も期待されるサプリメントだ。さらに、飲む日焼け止めの利点として、クリームなどと違って塗りムラがなく、汗や水で流れ落ちる心配もないことが挙げられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  7. 7

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  8. 8

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  9. 9

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る