薄毛男性にピッタリ 「飲む日焼け止め」のメカニズムとは

公開日:  更新日:

 アメリカのNASAが「今年は史上最も暑い年になる」と、思わず鳥肌が立つような恐ろしい警鐘を発している。

 当然ながら、降り注ぐ紫外線量も強烈だ。紫外線は皮膚がんやシミ・シワ、免疫機能低下などの原因とされ、できることならば避けたい。

 外回りの営業マンなどは、すでに日焼け止めクリームやUV繊維などで対策を講じている人もいるだろうが、最近の研究では“外”からの防御だけでは完璧に紫外線をガードできないことが分かっている。

 そこで2016年夏に注目なのが、“内”から紫外線をガードする「飲む日焼け止め」だ。

 代表的なのは、ポリポディウム・レウコトモスという南米産のシダ植物から抽出したフェーンブロックという成分を使った「ヘリオケア」(スペイン)。一方、同様の成分で日本製の「フローレスC60ノーブ」(noUV社)も販売されており、国内でも徐々に認知が広まってきている。抗酸化作用のあるビタミンCとE、活性酸素を減らすリコピンなども含まれ、“老化予防”としての効果も期待されるサプリメントだ。さらに、飲む日焼け止めの利点として、クリームなどと違って塗りムラがなく、汗や水で流れ落ちる心配もないことが挙げられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る