• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

薄毛男性にピッタリ 「飲む日焼け止め」のメカニズムとは

 アメリカのNASAが「今年は史上最も暑い年になる」と、思わず鳥肌が立つような恐ろしい警鐘を発している。

 当然ながら、降り注ぐ紫外線量も強烈だ。紫外線は皮膚がんやシミ・シワ、免疫機能低下などの原因とされ、できることならば避けたい。

 外回りの営業マンなどは、すでに日焼け止めクリームやUV繊維などで対策を講じている人もいるだろうが、最近の研究では“外”からの防御だけでは完璧に紫外線をガードできないことが分かっている。

 そこで2016年夏に注目なのが、“内”から紫外線をガードする「飲む日焼け止め」だ。

 代表的なのは、ポリポディウム・レウコトモスという南米産のシダ植物から抽出したフェーンブロックという成分を使った「ヘリオケア」(スペイン)。一方、同様の成分で日本製の「フローレスC60ノーブ」(noUV社)も販売されており、国内でも徐々に認知が広まってきている。抗酸化作用のあるビタミンCとE、活性酸素を減らすリコピンなども含まれ、“老化予防”としての効果も期待されるサプリメントだ。さらに、飲む日焼け止めの利点として、クリームなどと違って塗りムラがなく、汗や水で流れ落ちる心配もないことが挙げられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  8. 8

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る