• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

薄毛男性にピッタリ 「飲む日焼け止め」のメカニズムとは

 アメリカのNASAが「今年は史上最も暑い年になる」と、思わず鳥肌が立つような恐ろしい警鐘を発している。

 当然ながら、降り注ぐ紫外線量も強烈だ。紫外線は皮膚がんやシミ・シワ、免疫機能低下などの原因とされ、できることならば避けたい。

 外回りの営業マンなどは、すでに日焼け止めクリームやUV繊維などで対策を講じている人もいるだろうが、最近の研究では“外”からの防御だけでは完璧に紫外線をガードできないことが分かっている。

 そこで2016年夏に注目なのが、“内”から紫外線をガードする「飲む日焼け止め」だ。

 代表的なのは、ポリポディウム・レウコトモスという南米産のシダ植物から抽出したフェーンブロックという成分を使った「ヘリオケア」(スペイン)。一方、同様の成分で日本製の「フローレスC60ノーブ」(noUV社)も販売されており、国内でも徐々に認知が広まってきている。抗酸化作用のあるビタミンCとE、活性酸素を減らすリコピンなども含まれ、“老化予防”としての効果も期待されるサプリメントだ。さらに、飲む日焼け止めの利点として、クリームなどと違って塗りムラがなく、汗や水で流れ落ちる心配もないことが挙げられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る