南太平洋の巨大地震が連動か 「バヌアツの法則」の不気味

公開日: 更新日:

 これは、不気味な兆候ではないか。12日、南太平洋のバヌアツ付近でM7.6の地震が発生した。バヌアツ周辺やソロモン諸島で大きな地震があると、数日~2週間後に日本でも大きな地震が起きる傾向がある。この奇妙な連動が、ネットを中心に「バヌアツの法則」と呼ばれ、不安視されているのだ。

 注目を集めたのは今春の熊本地震。4月14日、熊本でM6.5の前震が起きたが、その11日前の4月3日にバヌアツでM6.8の巨大地震が発生。14日の熊本の前震の直前にもバヌアツでM6.0が観測され、2日後の16日にM7.3の“本震”が熊本を襲った。

 さかのぼると、連動はほかにもある。

●09年10月8日バヌアツ諸島でM7.8→09年10月30日奄美大島北東沖でM6.8
●14年4月13日ソロモン諸島でM7.5→14年5月5日伊豆大島近海でM6.0
●15年10月21日バヌアツ諸島でM7.1→15年10月21日福島県沖でM5.3

 バヌアツと日本の距離は約6500キロ。遠く離れてはいるが、太平洋プレートでつながっている。果たして、関連はあるのだろうか。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    セクハラだけじゃない!前監督が覚悟の実名告発…法大野球部元部長、副部長による“恫喝パワハラ”激白180分

  3. 3

    松本人志の“不気味な沈黙”…告発女性が「被害受けた認識ない」有利な報道に浮かれないワケ

  4. 4

    「新宿野戦病院」小池栄子の“下手くそ英語”こそクドカンの真骨頂 異議唱えるアンチは視聴に向かず?

  5. 5

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  1. 6

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    仲野太賀&木竜麻生 2026年大河「豊臣兄弟!」前に電撃婚も…中野英雄もお墨付きの順調交際

  4. 9

    兵庫・維新系パワハラ県知事の「犠牲者」はもう1人いる! 別の職員の自殺「隠蔽」の疑い

  5. 10

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白