• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

FPに聞いた 急増する「ワンコイン保険」は本当に得か?

 最近、格安の“ワンコイン保険”が続々と売り出されている。

 来月から損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険が販売開始する商品は、臓器移植をした場合、1000万円が支払われ、先進医療の治療は年間2000万円まで保障される。1年更新の掛け捨てタイプで、20~69歳の保険料は一律で月額500円。

 昨年、テラ少額短期保険が発売した「がん免疫細胞療法保険」は、月額保険料500円以下(男性、40歳未満)で、がんと診断された時に100万円、免疫治療を受けると60万円が支払われる。こちらも1年更新の掛け捨てだ。月額500円の追加プランで「最高1億円保障」の自転車保険を勧めるクレジットカード会社も増えている。

■「足りないものをカバーするつもりで」

“破格に安い”と感じる人も多そうだが、ワンコイン保険は本当にお得なのか。ファイナンシャルプランナーの八ツ井慶子氏(生活マネー相談室代表)が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  8. 8

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る