FPに聞いた 急増する「ワンコイン保険」は本当に得か?

公開日:  更新日:

 最近、格安の“ワンコイン保険”が続々と売り出されている。

 来月から損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険が販売開始する商品は、臓器移植をした場合、1000万円が支払われ、先進医療の治療は年間2000万円まで保障される。1年更新の掛け捨てタイプで、20~69歳の保険料は一律で月額500円。

 昨年、テラ少額短期保険が発売した「がん免疫細胞療法保険」は、月額保険料500円以下(男性、40歳未満)で、がんと診断された時に100万円、免疫治療を受けると60万円が支払われる。こちらも1年更新の掛け捨てだ。月額500円の追加プランで「最高1億円保障」の自転車保険を勧めるクレジットカード会社も増えている。

■「足りないものをカバーするつもりで」

“破格に安い”と感じる人も多そうだが、ワンコイン保険は本当にお得なのか。ファイナンシャルプランナーの八ツ井慶子氏(生活マネー相談室代表)が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る