• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

出世する人も実践 「ノート」で自己肯定感は上げられる

 仕事やプライベートをもっと充実させたければ、1冊のノートを作ろう。

 話を聞いたのは、「できたことノート」を出版した永谷研一さん(写真)。プロフィルには「アメリカで日本人初の行動変容系システムの特許保持者」とあるが、えーっと、どういう意味ですか?

「人材育成のための企業内研修を行っているのですが、通常、研修は『終了すればさようなら』。しかし、研修で得たことは実践してなんぼです。実践を補助するためのシステムが、私が考案・開発した行動変容系システムで、日米で特許を取りました」

 生産管理の仕事を経て独立し、教育関連のITシステムを開発したが、売れない。どうすれば売れるか? さまざまな分野の大学教授のもとに日参し、その過程で行動科学や認知心理学を直々に教わった。

 それらをベースに、実際のユーザーの行動実践データを検証・分析。目標達成のための行動習慣化メソッドを開発した。行動実践データの数は1万2000人以上。三菱東京UFJ銀行や楽天、日立グループなど60社以上で実践している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る