関東の水がめピンチ! 家庭の「節水」ウソとホントを知る

公開日:  更新日:

 先週ようやく関東にも梅雨明け宣言が出たが、梅雨の間もほとんど雨は降らず、関東の水がめは大ピンチだ。国土交通省関東地方整備局の発表によると、利根川水系のダム8カ所の貯水率は7月31日の時点で56%。整備局の担当者は「近年で一番厳しい状況。まだ一般家庭への影響はありませんが、このまま雨が降らない状況が続くと、給水制限に踏み切る可能性もあります」と言う。

 すでに節水を始めている人もいるだろうが、そもそもどの方法が効果的なのか。節水方法のウソ・ホントを、節約アドバイザーの和田由貴氏に聞いた。

「家庭の中でもっとも節水効果があるのがお風呂。次いで炊事・洗濯、トイレです。特に大量に水を使うお風呂は工夫次第で4割ほど節水が可能。水道代にも関わりますから、すぐにでも取り掛かりたいですね」

【こまめに水を止める】

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る