関東の水がめピンチ! 家庭の「節水」ウソとホントを知る

公開日: 更新日:

 先週ようやく関東にも梅雨明け宣言が出たが、梅雨の間もほとんど雨は降らず、関東の水がめは大ピンチだ。国土交通省関東地方整備局の発表によると、利根川水系のダム8カ所の貯水率は7月31日の時点で56%。整備局の担当者は「近年で一番厳しい状況。まだ一般家庭への影響はありませんが、このまま雨が降らない状況が続くと、給水制限に踏み切る可能性もあります」と言う。

 すでに節水を始めている人もいるだろうが、そもそもどの方法が効果的なのか。節水方法のウソ・ホントを、節約アドバイザーの和田由貴氏に聞いた。

「家庭の中でもっとも節水効果があるのがお風呂。次いで炊事・洗濯、トイレです。特に大量に水を使うお風呂は工夫次第で4割ほど節水が可能。水道代にも関わりますから、すぐにでも取り掛かりたいですね」

【こまめに水を止める】

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  2. 2

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  3. 3

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    子供の「買って買って病」に抜群に効くシンプルな方法!

  8. 8

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

  9. 9

    流行語大賞に!忘年会で使える「ラグビー用語の基礎知識」

  10. 10

    原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る