まだある台風上陸の恐れ 東京23区“洪水・浸水”危険エリア

公開日:  更新日:

 台風9号の直撃で首都圏はパニックだった。

 22日昼すぎに千葉県館山市付近に暴風域を伴って上陸し、北上。東京都東村山市では土砂崩れで西武多摩湖線の電車が脱線した。道路の冠水も相次ぎ、相模原市では濁流に流された50代女性が死亡した。羽田空港の発着便を中心に500便以上が欠航。JR東海道線や山形新幹線の一部区間が運休となるなど交通も乱れた。

 横浜市の鶴見川や東京都八王子市の浅川、埼玉県川越市の入間川流域では氾濫警戒情報が出され、横浜市や川崎市の一部で避難勧告も……散々だったが、今後1カ月は安心できそうもない。

■大雨が伴う台風が上陸する可能性

 ウェザーマップの気象予報士、大野治夫氏がこう言う。

「西日本の南の海面水温は平年より1、2度高い状態が続いている。加えて、フィリピンから東の海上にかけて対流活動が活発で、先月と同じ状況が続いています。つまり、渦が巻けば台風ができる状況になっていて、あと1カ月ぐらいは記録的な大雨が伴う台風が上陸する可能性があります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る