まだある台風上陸の恐れ 東京23区“洪水・浸水”危険エリア

公開日:  更新日:

 台風9号の直撃で首都圏はパニックだった。

 22日昼すぎに千葉県館山市付近に暴風域を伴って上陸し、北上。東京都東村山市では土砂崩れで西武多摩湖線の電車が脱線した。道路の冠水も相次ぎ、相模原市では濁流に流された50代女性が死亡した。羽田空港の発着便を中心に500便以上が欠航。JR東海道線や山形新幹線の一部区間が運休となるなど交通も乱れた。

 横浜市の鶴見川や東京都八王子市の浅川、埼玉県川越市の入間川流域では氾濫警戒情報が出され、横浜市や川崎市の一部で避難勧告も……散々だったが、今後1カ月は安心できそうもない。

■大雨が伴う台風が上陸する可能性

 ウェザーマップの気象予報士、大野治夫氏がこう言う。

「西日本の南の海面水温は平年より1、2度高い状態が続いている。加えて、フィリピンから東の海上にかけて対流活動が活発で、先月と同じ状況が続いています。つまり、渦が巻けば台風ができる状況になっていて、あと1カ月ぐらいは記録的な大雨が伴う台風が上陸する可能性があります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る