• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

水不足や豪雨は“超酷暑”の兆候 過去最高2010年との類似点

 うだるような暑さだった。18日は九州から東海にかけて梅雨明け。一気に夏本番モードとなり、山梨県勝沼町で37.5度を記録するなど、全国14地点で猛暑日となった。

 一体、気温はどこまで上がるのか。気象庁関係者の間では、観測史上、最も暑い夏になるのでは――との見方が出ている。“超酷暑”になるというのだ。

 過去、最も暑い夏だったのは2010年。熱中症による死亡者数は過去最多の1718人を記録。気象庁は「30年に1度」の異常気象と認定している。この時は、ペルー沖の海面水温が低くなる「ラニーニャ現象」の影響を受けた。実は今年もラニーニャが発生していて、状況が酷似しているのだ。

 すでに、インドでは5月に大干ばつに見舞われ、国内最高気温となる51度を記録。世界的に大きな気候変動が起きているといっていい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

もっと見る