子どもの自殺が最多 夏休み明け“魔の9月1日”どう防ぐ?

公開日:  更新日:

 子どもたちの新学期が始まる9月1日。実はこの日、一年のうちで最も子どもの自殺が多い日でもある。

 内閣府が調査した1972~2013年における18歳以下の子どもの自殺件数の日別平均は49・4人(42年トータル)。ところが、9月1日は131人となっており、断然自殺件数が多くなるのだ。

 また、9月2日は94人、8月31日には92人と、これまた多い。

 夏休み明けにこれほどまでに自殺件数が急増するのは、いったいなぜなのか。都内のフリースクール「東京シューレ」代表の奥地圭子氏は「夏休みに限らず、冬・春休みやゴールデンウイークなどの連休明けには多くなる傾向です」と説明した上で、こう話す。

「学校生活に不安や悩みを抱えている子たちにとっては、休み明けが近づいてくるのが恐怖なんです。でも、親や先生など周囲の大人はつい、『夏休み明けからは頑張って通おうね』と声をかけてしまいがち。そしてその期待に応えようと、『2学期は頑張るから』と言わざるを得ず、苦しい思いをする、そんな子が多いのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る