時代で変化 甲子園名監督に学ぶ“イマドキ世代”の指導法

公開日:  更新日:

 東京・八重洲のビジネス街の書店で、他ジャンルながら話題になっている若手の指導本がある。

 スポーツライターの大利実氏が明徳義塾の馬淵史郎、浦和学院の森士、高松商の長尾健司といった甲子園常連校の名監督たちにインタビューした「101年目の高校野球『いまどき世代』の力を引き出す監督たち」(インプレス)だ。

 監督たちが相手にしているのは、難しい年頃の高校生。選手をその気にさせる秘訣はどこにあるのか? 本の中で馬淵監督はこう言っている。

「ぼくは昭和30年生まれですけど、貧乏で野球をやる道具もなくて、修学旅行に行かずにグラブを買ってもらいました。選手には今のような話を常にしています。ボール10個をええ加減に使えば、親の日当がパーになることもある。そういうお金の話をします」

 明徳の学生たちは最寄りのコンビニまでも徒歩1時間。辛抱強さを植え付けることで、明徳は特に接戦になると強い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る