• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

野球だけじゃない 珍“甲子園”にはエリート高校生が大集合

 今年も熱闘が繰り広げられている夏の甲子園。どの高校が頂点を極めるのか注目だが、世の中、「甲子園」をつけた大会をよく目にする。たとえば、“本家”の準決勝と決勝が行われる20日と21日に愛媛県松山市で開催されるのは、「俳句甲子園」(全国高等学校俳句選手権大会)だ。

 高校生たちが俳句の腕を競い合う大会は、今年で19回目。この夏は地方大会に出場した全国102校・137チームのうち、34校36チームが本戦に駒を進めた。

「これまで最優秀句などに選ばれた生徒の中には、学校の先生になって俳句部の顧問をされたり、俳人になった方もいます」(大会本部)

 ハイレベルな戦いが続くだけに、やっぱりというか優勝候補は東大合格者数日本一の東京の開成高校。優勝回数は、過去8回だ。

■大学入試に有利になりそうな“甲子園”も

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る