親子で楽しく学べる「エデュテインメント施設」って何だ

公開日:  更新日:

「エデュテインメント」は、教育を意味するエデュケーションと、娯楽を意味するエンターテインメントを合わせた造語。1980年代ごろから使われていて、もともとは教育用ゲームソフトを指していたが、最近はレジャー面で注目される。楽しんだり、体験したりしながら学べる施設を「エデュテインメント施設」と呼ぶのだ。

 昭文社「まっぷる 家族でおでかけ」編集部の川村悦子さんが言う。

「エデュテインメント施設は、ここ数年増えています。大きく分けて、実験などから学ぶ学習系と仕事を学べる職業系の2種類です」

■遊ぶなら、学びや感動が得られる場所で

「学習系」は、博物館や水族館、美術館のイメージで、上野の「国立科学博物館」やお台場の「日本科学未来館」は、ちょっと堅いが“横綱格”。面白いのは、昨年秋、大阪の「エキスポシティ」内にオープンした「ニフレル」だ。水族館と動物園、美術館が一体となったユニーク施設で、獲物を捕獲する“技”や体の“色”など、ユニークな視点で動物の生態を学べると評判だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る