親子で楽しく学べる「エデュテインメント施設」って何だ

公開日:  更新日:

「エデュテインメント」は、教育を意味するエデュケーションと、娯楽を意味するエンターテインメントを合わせた造語。1980年代ごろから使われていて、もともとは教育用ゲームソフトを指していたが、最近はレジャー面で注目される。楽しんだり、体験したりしながら学べる施設を「エデュテインメント施設」と呼ぶのだ。

 昭文社「まっぷる 家族でおでかけ」編集部の川村悦子さんが言う。

「エデュテインメント施設は、ここ数年増えています。大きく分けて、実験などから学ぶ学習系と仕事を学べる職業系の2種類です」

■遊ぶなら、学びや感動が得られる場所で

「学習系」は、博物館や水族館、美術館のイメージで、上野の「国立科学博物館」やお台場の「日本科学未来館」は、ちょっと堅いが“横綱格”。面白いのは、昨年秋、大阪の「エキスポシティ」内にオープンした「ニフレル」だ。水族館と動物園、美術館が一体となったユニーク施設で、獲物を捕獲する“技”や体の“色”など、ユニークな視点で動物の生態を学べると評判だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る