• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

親子で楽しく学べる「エデュテインメント施設」って何だ

「エデュテインメント」は、教育を意味するエデュケーションと、娯楽を意味するエンターテインメントを合わせた造語。1980年代ごろから使われていて、もともとは教育用ゲームソフトを指していたが、最近はレジャー面で注目される。楽しんだり、体験したりしながら学べる施設を「エデュテインメント施設」と呼ぶのだ。

 昭文社「まっぷる 家族でおでかけ」編集部の川村悦子さんが言う。

「エデュテインメント施設は、ここ数年増えています。大きく分けて、実験などから学ぶ学習系と仕事を学べる職業系の2種類です」

■遊ぶなら、学びや感動が得られる場所で

「学習系」は、博物館や水族館、美術館のイメージで、上野の「国立科学博物館」やお台場の「日本科学未来館」は、ちょっと堅いが“横綱格”。面白いのは、昨年秋、大阪の「エキスポシティ」内にオープンした「ニフレル」だ。水族館と動物園、美術館が一体となったユニーク施設で、獲物を捕獲する“技”や体の“色”など、ユニークな視点で動物の生態を学べると評判だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  7. 7

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  10. 10

    まだあるNEWS小山の“未成年飲酒”目撃談…六本木では有名人

もっと見る