飴文化の継承目指す「カンロ飴」 ひと粒10分のこだわり

公開日:  更新日:

 ひねり個包装された琥珀色のまんまるい飴玉、カンロの「カンロ飴」は、1955年発売のロングセラー商品だ。甘じょっぱい味わいはいつの時代も安定した人気で、累計販売数は50億袋以上にも及ぶ。

 日本人好みのどこか懐かしい甘さを生み出すのは、砂糖と水飴と隠し味のしょうゆ。非常にシンプルだ。

「発売以来ずっとこの味。同じ素材、同じレシピで作っている」(開発本部マーケティング部の寺坂雄介氏)

 飴といえば輸入品を中心にフルーツ味やニッキ味がほとんどだった1950年代。カンロ飴は「日本人の味のふるさとをつくりたい」との思いから誕生した。カギとなるのはオリジナルのしょうゆ。カンロ飴ならではの風味も琥珀色も、専用しょうゆを使ってこそ実現する。

「市販品ではどうしても焦げついてしまう。試行錯誤の末、地元の醸造メーカーと共同で焦げつかないしょうゆを開発した」(寺坂氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る