• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

飴文化の継承目指す「カンロ飴」 ひと粒10分のこだわり

 ひねり個包装された琥珀色のまんまるい飴玉、カンロの「カンロ飴」は、1955年発売のロングセラー商品だ。甘じょっぱい味わいはいつの時代も安定した人気で、累計販売数は50億袋以上にも及ぶ。

 日本人好みのどこか懐かしい甘さを生み出すのは、砂糖と水飴と隠し味のしょうゆ。非常にシンプルだ。

「発売以来ずっとこの味。同じ素材、同じレシピで作っている」(開発本部マーケティング部の寺坂雄介氏)

 飴といえば輸入品を中心にフルーツ味やニッキ味がほとんどだった1950年代。カンロ飴は「日本人の味のふるさとをつくりたい」との思いから誕生した。カギとなるのはオリジナルのしょうゆ。カンロ飴ならではの風味も琥珀色も、専用しょうゆを使ってこそ実現する。

「市販品ではどうしても焦げついてしまう。試行錯誤の末、地元の醸造メーカーと共同で焦げつかないしょうゆを開発した」(寺坂氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  8. 8

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

  9. 9

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る