ペットボトル数本では足りない? 「防災準備」の非常識

公開日:  更新日:

 深刻な被害をもたらす大型台風の日本上陸が続いている。

 内閣府の「平成25年版防災白書」によれば、「防災用品の準備」をしている人は82%、「飲料水、食糧、生活必需品の準備」は78%。平成15年の調査と比べて大幅に増加した。

 しかし、それが“本当に役立つ準備”でなければ意味がない。防災関係のプロジェクトを数多くこなし、「地震イツモマニュアル」(ポプラ社)を最近出版した「NPO法人プラス・アーツ」理事長の永田宏和さんは、「見落としがちなのが、量」と指摘する。

 水はペットボトルで備蓄するとして、数本ならあっという間に尽きる。永田さんによれば、4人家族で7日分の場合、2リットルのペットボトル約30本は必要。7日分としたのは、2013年に内閣府の「中央防災会議」が、災害時の食料や飲料水の備蓄量を3日間から1週間に改めたためだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  8. 8

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る