低収入ほど肥満の原因 コンビニ食で太らない3つの選び方

公開日:  更新日:

 腹が膨れりゃ、それでいい。そんな意識があるのだろうか。厚労省の調査で、生活保護を受けている男性は、3人に1人がメタボであることが明らかになった。その割合は、生活保護を受けていない人より高く、収入が少ない人ほど肥満の傾向がうかがえる。

 調査は、2014年度にメタボ健診を受けた40歳以上の生活保護受給者約10万8000人が対象で、メタボの割合は男性が32.7%、女性が17.5%。受給していない人だと、男性は21%と10ポイント以上少なく、女性は実に3分の1だ。

 こうした傾向はサラリーマンでも同じだ。「貧困肥満~下流ほど太る新階級社会~」などの著書がある三浦展氏の調査によると、生活水準が「上」と答えたグループのうち、肥満の目安であるBMIが25以上だった人の割合は14.7%だったが、生活水準が「下」のグループは2倍近い27.2%にハネ上がる。貧乏人ほどデブなのは世界的な流れで、日本もそうなってきたということだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る