• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

低収入ほど肥満の原因 コンビニ食で太らない3つの選び方

 腹が膨れりゃ、それでいい。そんな意識があるのだろうか。厚労省の調査で、生活保護を受けている男性は、3人に1人がメタボであることが明らかになった。その割合は、生活保護を受けていない人より高く、収入が少ない人ほど肥満の傾向がうかがえる。

 調査は、2014年度にメタボ健診を受けた40歳以上の生活保護受給者約10万8000人が対象で、メタボの割合は男性が32.7%、女性が17.5%。受給していない人だと、男性は21%と10ポイント以上少なく、女性は実に3分の1だ。

 こうした傾向はサラリーマンでも同じだ。「貧困肥満~下流ほど太る新階級社会~」などの著書がある三浦展氏の調査によると、生活水準が「上」と答えたグループのうち、肥満の目安であるBMIが25以上だった人の割合は14.7%だったが、生活水準が「下」のグループは2倍近い27.2%にハネ上がる。貧乏人ほどデブなのは世界的な流れで、日本もそうなってきたということだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

もっと見る