日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

作家三田誠広さんは夜中にウイスキーを飲み小説の世界に

三田誠広さんは芥川賞受賞から40年(C)日刊ゲンダイ

 ツルゲーネフにドストエフスキー、埴谷雄高と、文学青年なら誰もが胸を焦がした作品がごく自然に並ぶ。「僕って何」での芥川賞受賞から約40年、三田誠広さんが教壇に立つ武蔵野大学の研究室である。

■「いちご同盟」を最後に青春小説が書けなくなった

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事