• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

刻印番号から合鍵作られ被害 「鍵の複製」この手で防ぐ

 番号が分かれば同じ鍵を作れる――。愛媛県松山市で起きた事件で鍵の“複製”が簡単にできることを知り、びっくりした人も多いだろう。

 9月10日に同市内の女子大生が自宅マンションに帰宅したところ、見知らぬ男と鉢合わせ。男はその場から逃走し、翌日県警に自首した。逮捕されたのは愛媛大学医学部付属病院の契約職員(44)だった。

 その侵入方法がすごい。事件の前にマンションの管理会社を装って女子大生の部屋を訪れ、鍵を見せるよう求めて鍵番号をメモ。その後、ネットを使って鍵業者に合鍵の複製を依頼したのだが、その際に使われたのがメモした鍵番号だった。

「社団法人日本防犯学校」学長の梅本正行氏が言う。

「鍵には一つ一つ固有の番号が刻印されており、鍵メーカーはこの番号によってそれぞれの形状のデータを管理しています。だから紛失したときメーカーに番号を知らせれば、すぐに新しい鍵を作ってもらえるのです。紛失の際の便宜をはかるためのシステムですが、犯人はこれを悪用しました。ネットを通じて鍵の業者にメーカー名と番号を伝え、複製を依頼すれば、早い場合は1週間で合鍵を届けてもらえます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る