日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

装丁家・司修さん 「本の重みで床が3回抜けた」

司修さんは現在80歳(C)日刊ゲンダイ

 1960年代半ばから武田泰淳、三島由紀夫ら名だたる作家たちの本の装丁を手掛けてきた司修氏(80)。現在、司氏の本棚があるのは静かな山あいにあるアトリエの1階と2階、庭の物置、自宅と数カ所に点在している。

「実は本の重みでこのアトリエの床が、3回も抜…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事