• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

二極化する子供の運動能力 教育専門家は“親のミエ”指摘

 スポーツ庁が調査した昨年度の「体力・運動能力調査」によれば、11歳男子の握力とソフトボール投げを除くと、ほとんどの年齢、項目で運動能力の向上傾向が見える。過去最高を記録した年齢や項目も少なくない。

 ところが、文科省の委託を受けた埼玉県医師会が県内の幼稚園から中学生までの1343人を対象に、運動機能の指標となるロコモティブシンドロームのチェックを行ったところ、約40%に機能不全の兆候がみられたというのだ。どちらが事実なのか。

 大阪産業大客員教授の八幡義雄氏(初等教育)が言う。

「運動能力も二極化しているのです。サッカーのスペインリーグ出身の久保建英選手や女子アイススケートの本田真凜選手らはともに15歳で世界で活躍するスター選手。2人のように運動能力を伸ばす子はどんどん伸ばし、ダメな子はすぐあきらめてまったく伸びていません。それで、平均を取ると緩やかな右肩上がりになるのですが、個別に調べると下位グループの能力低下がひどいのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る